人材開発はなぜ必要か?

企業の経営資源には「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」があります。その中でも「ヒト」にあたる人材は、最も重要な経営資源です。企業の発展のためには、優秀な人材を育てることが大切です。

経営環境の変化

経営環境の変化

これまでほとんどの企業では、商品・製品を大量に生産し大量に提供するために、人材の質にはこだわらず多くの人材を確保することを重視していました。人材はいくらでも代替ができるという考えから1人の人材にこだわることなく、人材にかかる支出はコスト削減の対象となることも少なくありません。また、評価方法の多くは勤続年数や年齢などが重視され、人材育成の重要性は現在ほど高くはありませんでした。

ところが、経営環境が急激な変化を遂げている現代において、高度成長期に取り組んでいた人材マネジメントでは時代に対応することは困難です。そこで、企業が発展するためには1人ひとりの人材が持つ才能や知識などを伸ばすことが、現代の経営戦略に役立つものだと認識されるようになりました。

人材開発の目的

人材開発の目的

経営戦略を実現して行く上でより良い人材の確保を目的とするのであれば、新たな人材を選考するよりも既存の人材開発を行う方が有効です。そのためにコーチングOJT研修などを積極的に行うと、企業にはそれなりのコストがかかります。

しかしながら、研修によって優秀な人材を育てることができれば、企業は将来的に良い結果を招くことが可能です。また、様々な研修を受けた従業員はスキルアップをすることで自分に自信がつくだけではなく、企業から期待を受けていると捉えることができるため、モチベーションが高まります。

香川県にあるオフィスKojoでは、人材開発支援を行っております。ケーススタディや学習ゲームなどを通じて必要なスキルを楽しみながら習得することが可能です。人材開発支援の他にも、業務品質向上支援や講師派遣・養成なども行っております。サービス内容や費用のことなど、気になることがございましたらお気軽にお問い合わせください。