ワークプレイスラーニングとは

1人ひとりの従業員が仕事の質を高めることができれば、企業の業績向上に繋がります。それを実現するために、企業には従業員に対して様々な研修を実施し、1人ひとりがスキルアップできるようサポートを行う必要があります。その第一歩として、ワークプレイスラーニングの環境を作りましょう。

現在の企業が行う研修の実態とは?

現在の企業が行う研修の実態とは?

多くの企業が、従業員のスキルアップを目指して様々な研修を行っています。ところが、研修内容によっては、期待していた効果を得ることができないケースも少なくありません。研修で大きな効果を得るためには、従業員に対して適切な研修を行うことが大切です。

また、社内講師になれる人材が不足しているのであれば、効率良く研修を進めることは難しく育成に多くの費用や時間がかかってしまいます。インストラクショナルデザインの理論をもとにワークプレイスラーニングの発想で研修を行うと、効果的な研修を行うことが可能です。

ワークプレイスラーニングを導入する目的

ワークプレイスラーニングを導入する目的

社会人が業務上必要な知識や技術を身につけるために、職場を離れることなく仕事を遂行しながら行う学習方法をワークプレイスラーニングと言います。

このワークプレイスラーニングは、2002年頃から先進企業で導入されてきました。学習方法には、eラーニングや座学研修などの様々な方法がありますが、このような学習方法から得るものよりも実践によって得るものの方が多いと言われています。
したがって、従業員のスムーズな能力向上のためにも、ワークプレイスラーニングを導入することが大切です。

香川県で効果的かつ効率的な研修のためにインストラクショナルデザインを学ぶなら、香川県高松市にあるオフィスKojoをご利用ください。オフィスKojoでは、インストラクショナルデザインを基盤にした講師派遣講師養成を行っております。また、人材開発支援や業務品質向上支援など、企業の向上のためのサポートも行っておりますので、ぜひご利用ください。